日本人のルーツはユダヤ?君が代はヘブライ語?日ユ同祖論の謎について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダビデの星

オカルトとは少し違うかもしれませんが、昔から興味があるので日ユ同祖論について少し調べてみました。
簡単に言えば日本人のルーツが古代ユダヤ人である。というものです。

調べ始めると結構な量の情報があったので何度かに分けて書いていこうかと思います。
まず、ざっくりとどのような部分が日本と古代ユダヤで似ているのか並べてみます。
もちろんこれ以外にも色々あると思いますが、とりあえず目についたものを。

・皇室の紋章である「菊の紋」が、古代イスラエル神殿の壁にも残ってる
・ダビデの星が伊勢神宮の灯籠にもある
・祇園祭の由来
・イスラエル宗教と日本の神道行事は似ている
・イスラエルの「契約の箱」は日本の神社のお神輿に似ている
・神社の構造と、イスラエル神殿の構造に共通点が多い
・神社の神官が着る白い服が、古代イスラエル神殿の祭司が着ていた服に似ている
・日本の琴は古代イスラエルの神殿で奏でられた楽器に似ている
・山伏に関することが、古代イスラエルの習慣に似ている
・お賽銭の習慣がある
・清めるために塩をまく習慣がある
・お守りを持つ習慣がある
・似ている言葉が多い

などなど
上げたらキリがないくらい情報があったのですが、
とりあえず何点か調べたことを書きたいと思います。

・ダビデの星が伊勢神宮の灯籠にもある

これについてですが、ダビデの星自体が17世紀にできたものと結論が出ているようです。
日ユ同祖論の根拠としては弱いのではないかと思います。

・祇園祭の由来

これ、個人的には凄く面白いというか、ガチなんじゃないかと思っています。

日本では7月17日に「祇園祭」、別名「天王祭」が全国で一斉に行なわれます。
(※京都・祇園神社の祭は、7月17日から1週間に渡って行われます。)

7月17日という日は、ノアの箱舟がアララト山に着いた日と言われていますね。
祇園祭では舟車とう舟の形をした山車が有名です。
祇園祭で使われる神輿の写真とかを検索してもらったらわかると思うのですが、
割と日本ぽくないというか、海外っぽいデザインに思えると思います。

・「契約の箱」は日本の神社のお神輿に似ている

契約の箱、インディ・ジョーンズの映画でもあった「失われたアーク」ってやつですね。
形も似ているし、日付もノアの箱舟と一緒。
何らかの形で日本に伝わった。個人的にはそう信じています。

そして祇園の「ギオン」という名前はエルサレムの別名である「シオン」ではないか、とも言われています。
こじつけのような気もしますが、本当だったら面白いですね。

・似ている言葉が多い

今回はこれについて少し着目したいと思います。

有名な話として、日本の国歌、「君が代」が古代ヘブライ語(ヘブル語)に訳すると意味が通る、というものです。

↓こんな感じです。

【日本語】
君が代は
千代に
八千代に
さざれ石の
巌となりて
苔のむすまで

【ヘブライ語】
クム・ガ・ヨワ
チヨニ
ヤ・チヨニ
ササレー・イシィノ
イワオト・ナリタ
コ(ル)カノ・ムーシュマッテ

【訳】
立ち上がり神を讃えよ
シオン※の民 ※イスラエルの歴史的地名・形容詞
神の選民
喜べ残された民よ 救われよ
神の印(預言)は成就した
全地に語れ

結構それっぽくないですか?
これはマジじゃないか、と思ったので、まずは君が代の由来を調べてみました。ヘブライ語なんてわからないし(笑)

ざっくり言うと君が代は10世紀に編纂された『古今和歌集』に収録されている短歌の一つらしいです。
ただ、元々は歌いだしが「君が代は」ではなく「我が君は」なんですね。
その場合、ヘブライ語ではどのような意味になるのでしょう?
もちろんわかりませんが、君が代=ヘブライ語というのは少し飛躍しすぎた話のような気がします。

でも日本語の起源って諸説あるし、非常に興味深いと思いました。

他にも、
相撲の「ハッケヨイ、ノコッタ」
民謡の「ヤーレン、ソーラン」
数を数える時の「ひい・ふう・みい・・・」

などもヘブライ語に通じるものがあるとかないとか。

そして少しびっくりしたのが、日本の第一代天皇の神武天皇。
即位前の名前は、「神日本磐余彦尊」

かむやまといわれびこのすめらみこと

と読むらしいです。

これがヘブライ語だと

「カム・ヤマト・イワレ・ビコ・スメラ・ミコト」 で

「サマリヤの王、神のヘブル民族の高尚な創設者」
という意味になるとか。

ちなみに「サマリヤ」は、北王国イスラエルの別名らしいです。
ということは、古代ユダヤから日本に来た人たちが、この地で新しい国を築いたのではないか。
その文化が中国や周辺の文化と混ざって今の日本があるのではないか。
など、妄想が妄想を呼んでしまいます。

長くなってしまいそうなので、今回はこのへんで。

個人的には、日本人のルーツ=古代ユダヤ、ではないと思っています。
ですが、何らかの形で古代ユダヤの文化が日本に伝わり、そして根づき今も受け継がれている。
そう思っています。
渡来人といわれる秦氏の話なんかは有名です。
次回はこのあたりも掘り下げたいと思います。

広告
広告
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です