天空の城ラピュタの都市伝説・幻のエンディングの真相!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます。
早いもので2016年になりました。だいぶ未来ですね。
今年もちょいちょい記事を更新していこうかと思います。よろしくお願いいたします。

2016年一発目のネタは、昔から論争が巻き起こっていた(?)「天空の城ラピュタ~幻のエンディング~」。
アニメ系の都市伝説に詳しい方なら聞いたことはあると思います。
もうかなり前に真実は明らかにされているので都市伝説としては弱い感じが否めません。

20040919_8

ざっくり言うと、本来のエンディングはパズーたちと海賊たちが別れた後、
ラピュタの木が空間を漂いスタッフロールが流れる。といった何の変哲もないものです。

しかし、ある時期から一部の人が別のエンディングを観たことがある!と騒ぎ出したのです。

そのエンディングとは

・バズーがシータを故郷に送る
・シータが飛行石を暖炉に隠す
・2人が握手してパズーは何処かへ飛んでいく

といった内容らしいです。

このネタがネットに書き込まれた時は、様々な憶測が飛び交いました。
・原作(小説)と混同しているのではないか
・提供部分を流れた映像を勘違いしているのではいか
・尺を合わせるために編集した独自のエンディングをテレビ曲が流したのではないか
等々

そして話題になりまくった挙句、ジブリが公式でそんなエンディングは無い!と否定する事態となったのです。

話題になったのになかなか映像等がアップされなかったこともあり、都市伝説風な話題となりましたが、
真相は上記の3番目、「尺を合わせるために編集した独自のエンディングをテレビ局が流した」だったようです。

・日○テレビが一度だけ、いつもとは違うエンディングを流した
・そのエンディングは本編を編集したもの
・一応エンディングなのでスタッフロールが流れた

これらを当時観た子供たちが、色んなシーンと混同したり妄想したりで幻のエンディングになった。
というのが真相のようですね。

20040919_16
(↑このカットも幻のエンディングに使われたようです。)

スポンサードリンク


今の時代、多くの番組は誰かが録画していますし、
この先このような都市伝説は現れないような気がします。
それはそれで寂しい気もしますね。

広告
広告
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です