【心霊実話】ポケベルに届いたおばあちゃんからのメッセージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏に向けてどんどん心霊話を更新していきたい管理人です。
ふと思い出した高校生の頃の話を書きたいと思います。

これは管理人が高校2年生か3年生の時に、1歳年下の後輩(以下Y)が体験した話です。

当時私たちが通っていた高校は、一応街中にあり、管理人は夏は自転車、冬はバスで通学していたのですが、Yは自宅が車で2~3時間くらいの強烈な田舎にあり、毎日通うのが大変だったため、高校の近くに下宿をしていました。寮のような感じの下宿です。
その下宿の通りを挟んだ向かい側には、地元ではそこそこ大きな病院がありました。

Yは普段からその病院の目の前にあるバス停を利用していたのですが、ある日の昼間、ちょうどバス停の前を通りかかった時、一人のおばあさんに話しかけられました。背の低い白髪頭のおばあさんだったそうです。

「K駅に行くにはどのバスに乗ったらいいですか?」

たぶん病院帰りのおばあさんだろうと思ったYは、バス停の時刻表を確認し、
「○○時○○分の○番のバスに乗ればK駅につきますよ。」
と言いながら振り返ると

なんと、おばあさんがうつ伏せで目の前に倒れていました。

そして頭の下からは真っ赤な血がどんどん広がっていったそうです。

パニックになったYですが、場所が大きな病院の目の前ということもあり、すぐに病院の人が駆けつけてくれ、おばあさんは運ばれていきました。
Yはそのまま下宿に帰ってしまったため、おばあさんの安否はわからなかったそうです。

その日の夜、Yは友達とバイクで遊びに行く約束をしていました。下宿まで友達がバイクで迎えに来る予定です。

しかし下宿には門限があり、21時で玄関が施錠されてしまうため、夜に遊びに出るには、こっそり窓から出なければなりません。

バイクに乗ってきた友達が下宿の裏に着いたら、近くの公衆電話からポケベルを鳴らしてくれ、その合図で窓から出発するのです。

友達からの連絡を待つ間、Yは同じ下宿仲間と自分の部屋で昼間あったことについて話していました。

「あのおばあさん大丈夫だったかなぁ」
「駅までのバスの乗り方を聞いてくるくらいだったから、遠くから来たんだろうなぁ」
「今はどこにいるのかな。家に帰れたのかな、それともあのまま入院しているのかな」

と、話していた瞬間、ポケベルが鳴りました

「ウシロニイルヨ」

バイクの友達が下宿の裏に到着したのです。

Yの部屋で話していた下宿仲間は解散し、Yは靴を持って窓から静かに出かけていきました。

外に出たYは下宿の裏を見渡しますが、バイクも友達も見当たりません。
きっとすぐに来るだろう、そう思ったYは通りで待ちますが、10分経っても20分経ってもバイクに乗った友達は現れません。結局その日友達は現れず、Yは仕方なく下宿に戻りました。

スポンサードリンク


次の日、Yは学校で友達に「なぜ昨日ポケベルに連絡だけして結局来なかったのか」と問い詰めました。

すると、友達は「昨日は急に兄貴がバイクに乗って出かけてしまったから行けなかった。だから連絡もしなかった」と言ったそうです。

兄貴(ヤンキー)がバイクを使っていたなら仕方ない、、、そう思うYでしたが、じゃあポケベルに届いた「ウシロニイルヨ」のメッセージは・・・?

Yは友達に「ウシロニイルヨ」というメッセージが届いたことを伝え、実際に見せました。

しかし友達は「絶対に送っていない」と言います。
そこでYは思い出しました。

「ウシロニイルヨ」というメッセージが届いたのは、自分が倒れたおばあさんについて、「今はどこにいるのかな。家に帰れたのかな、それともあのまま入院しているのかな」と言った瞬間だったのです。

もしかしたら「ウシロニイルヨ」のメッセージは助からなかったおばあさんが最後に親切にしてくれたYに対して送ったメッセージだったのでしょうか。

そんなお話でした。

広告
広告
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です