【都市伝説】世界の人口は5億人まで縮小される?ジョージア・ガイドストーンとジェイド・ヘルム15に隠された謎!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョージア・ガイドストーンという名の物をご存知でしょうか。
アメリカのジョージア州に実在する、高さ5.87メートル、6枚の厚い花崗岩の石板でできた、一見ストーンヘンジのような巨大なモニュメントです。

誰が作ったのかははっきりしていないようですが、当時のアメリカ大統領ジミー・カーターが深く関わっているのではないかと言われています。

stone


ジョージア・ガイドストーン(英: Georgia Guidestones)は1980年にアメリカ合衆国ジョージア州エルバート郡に建てられた花崗岩によるモニュメント。8つの言語で書かれたメッセージ「10のガイドライン」で知られ、その内容が陰謀論的な憶測を呼んでいる。
(Wikipediaより)


そんなジョージア・ガイドストーンを語るうえで最も気になるのがやはり『8つの言語で書かれたメッセージ「10のガイドライン」』という部分です。現代の十戒とも言われています。
ちなみに8つの言語とは英語、スペイン語、スワヒリ語、ヒンディー語、ヘブライ語、アラビア語、中国語、ロシア語です。残念ながら(?)日本語は刻まれていないようです。

そして8つの言語の他にキャップストーン(上に乗っている石版)の側面には4つの古代言語文字(アッカド語、古代ギリシャ語、サンスクリット、ヒエログリフ)で短いメッセージが刻まれています。

気になる「10のガイドライン」の内容がこちら。


大自然と永遠に共存し、人類は5億人以下を維持する
健康性と多様性の向上で、再産を知性のうちに導く
新しい生きた言葉で人類を団結させる
熱情・信仰・伝統・そして万物を、沈着なる理性で統制する
公正な法律と正義の法廷で、人々と国家を保護する
外部との紛争は世界法廷が解決するよう、総ての国家を内部から規定する
狭量な法律や無駄な役人を廃す
社会的義務で個人的権利の平衡をとる
無限の調和を求める真・美・愛を賛える
地球の癌にならない – 自然の為の余地を残すこと – 自然の為の余地を残すこと


1発目から「人類は5億人以下を維持する」と書かれています。

現在地球上には70億人以上いると言われていますから、5億人以下にするならば、実に9割以上の人間が削減されることになります。

そして、もし実際に人口を削減するならどのように削減していくのでしょうか。
戦争、バイオテロ、大災害を発生させる等、色々考えられます。

スポンサードリンク


そこで気になるのが『ジェイド・ヘルム15』です。

「ジェイド・ヘルム15(Jade Helm 15)」とは、2015年7月~9月にかけてアメリカで行われた大規模な軍事演習のことです。
過去の軍事演習との違いは、アメリカ中から最強の兵士が集まったことです。最強の兵士といえば特殊部隊、特殊部隊はテロ対策の要ですから、「国際的なテロ組織に対抗するための演習」と噂されていたようです。

そして、このジェイド・ヘルム15にあわせてアメリカでは大規模な停電、携帯電話が繋がらない、スーパーから商品が全てなくなるといった事態が発生しました。
つまりこれは戦争等の非常時を想定した演習だったのではないでしょうか。

ちなみに個人的にアメリカに詳しい知り合いに聞いたのですが、停電や携帯の不通、スーパーが機能しないといった点は、演習前にあらかじめ軍から発表されていたそうです。しかし、それを知らなかった人達がパニックを起こしたり、それこそ都市伝説のような形で「軍は何かを隠している!」と広まったのかもしれません。しかし、この部分についてはソースを見つけられなかったので現時点で真相は不明です。

と、ジョージア・ガイドストーンとジェイド・ヘルムについて書きましたが、何の関係があるんだ?と思われるでしょう。

この2つの関係が、それこそその名前にあるのです。


ガイドストーン=「舵」「石」

ジェイド・ヘルム=「石」「舵」


と、2つの名前は同じ意味を持つものなのです。

もしかしたらジェイド・ヘルムはジョージア・ガイドストーンに刻まれているように、世界の人口を5億人に削減するうえでの戦争、もしくは何らかの非常事態に対しての演習だったのではないでしょうか。

そしてジョージア・ガイドストーンには日本語が刻まれていません。
もしかすると日本人は削減対象になっているのかもしれませんね。

広告
広告
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です